とりあえずヤレるアプリ使って性欲満たしてから恋活しろ(30代独身で焦り気味の男へ)

どのアプリでも大差がないと考えない

やれるアプリを利用してセフレを作ろうと思った場合に、どのアプリでも大差はないだろうと適当に選んでいませんか?
その適当さがセフレが出来ない原因となっているかもしれません。
やれるアプリと言いながら、全ての出会い系に出会いが用意されている訳ではありません。
全く出会いが存在しないそんなやれるアプリだって存在します。
出会いがない出会い系を利用するほど無駄な事はありませんよね。
そのためちゃんと出会いがある優良なアプリを選んで利用するようにして下さい。
選び方のポイントは、人気があるアプリには人気がある理由があるはずです。
そして口コミなどで実際に利用した人の生の声も参考になるでしょう。
ただ優良アプリを利用しているのに出会いがないのは何で?
そう思っている人もいるかもしれません。
しかしどんな優れたツールでも、その使う人がどのように利用するかによって得られる効果が異なります。
つまり優良アプリを利用して出会えないのは、自分自身に問題があるので、問題点を改善し出会えるように努力するべきだと言えるでしょう。アプリなんてゲームぐらいしか利用した事がない、そんな人もゲームでも複数のプレイヤーと楽しむゲームであれば、立派な出会いの場だと言えるでしょう。もっともゲーム仲間にはなれてもそこからセフレになれる保証はありません。

セフレとは別れを前提に付き合う

恋人との別れは大きな衝撃と傷を受けますよね。
しばらくは寂しくて、何もする気にならない、そんなふうに過ごす事になるかもしれません。
恋人とは将来的に別れる事もあるかもしれませんが、別れる事を前提に付き合っているわけではありません。
対してセフレは違います。
セフレはやれるアプリで作る段階から、短期的な付き合いで別れる事を前提に付き合いがスタートするわけです。
なぜなら目的がセックスだからです。
セックスはどれだけ身体の相性がいい相手であっても、ずっと同じ相手とのセックスは飽きてしまいます。
そのため定期的に相手を変える必要があるため、最初から別れを前提に付き合っているため、別れる事にダメージは受けません。
別れ話も特にせず、そろそろ潮時かなと自然消滅になるケースも少なくないのではないでしょうか?
それにそれぐらい割り切った関係だからこそ、恋愛感情も発生せずに、都合のいい関係をお互いに築く事が出来るのです。
ここで恋愛ではないとしても独占欲などが生じてしまうと、ややこしくなってしまいます。
セフレには楽しいセックス以外は、何も望まない事が重要だと言えるでしょう。
そのためもうセフレ関係は解消しようと言って相手が嫌だと言った場合は、これは危ない兆候です。
即関係を終わらせて、もう二度と合わない事をお勧めします。

セフレ探しは周囲には内緒で

セフレ探しをしているとしても、周囲に公言するような人はいません。
周囲にバレたくないので、内緒でこっそりと探します。
そのため日常生活の中で知り合いに声をかけるなんて、絶対にNGな行為です。
職場で部下をセフレに誘えば、それはセクハラやパワハラになってしまいます。
さらに女性は噂が大好きななので、あっというまにその噂が社内中に広がってしまうでしょう。
その噂が上層部にまで伝わって昇進に影響するなんて可能性もゼロではありません。
また身近な相手を選んでしまうと、不倫や浮気がバレてしまう恐れがあります。
だからこそ安全性を考慮して、匿名性が守られるやれるアプリでセフレを探す方が安全なのです。
ですがネットで知り合った相手は本当に安全?
そんなふうに言われてしまうかもしれません。
ですがそれなら、日常生活の相手は本当に安全なのでしょうか?
例えば殺人の多くは家庭内で起こっています。
愛憎という言葉がありますが、憎しみが勝ってしまうと相手に暴力が向かってしまうのです。
つまり身近な相手ほどこじれるとやっかいだと言えます。
対してネットで知り合ったよく知らない相手とは、どんな情も持ち合わせていません。
そのため、ただセックスをする相手であり、それ以下にもそれ以上にもならないため都合のいい相手だと言えるでしょう。

何も考えずセックスに没頭する時間

例えば寝るときまで、明日の仕事の事を考えているなんて仕事人間もいるかもしれません。
仕事が大好きで、仕事が趣味みたいなもの、そう言える人はある意味幸せです。
しかし大半の人は、嫌でもやらなければいけない、そんな状況に追い込まれています。
残業が1ヶ月100時間→60時間を上限とする法案が上がっていますが、法律が出来てもタイムカードを早めに押すだけで仕事時間は変わらない。そんなうんざりとした環境下にいる人も少なくないかもしれません。
当然ストレスだって溜まってしまいます。
ですがここでストレス発散にお酒に走ってしまったり、過食に走ってしまうと、健康状態はさらに悪化する一方です。
もっと精神状態にも健康にもいいストレス発散方法があります。
それはセフレを作るセックスをする事です。
セックスの最中は仕事の事など考えずに、セックスに没頭する事が出来ます。
またセックスをする事で、男性ホルモンの分泌量が増え、やる気もアップするはずです。
さらに汗をかき、カロリーも消費するため、運動と同じような効果が得られるでしょう。
でもセフレが欲しくても自分にセフレなんて作れるのか?と思っている人もいるかもしれません。
そんな人はスマホからやれるアプリを利用してみて下さい。
世の中には、こんなにセフレを作りたい人達で溢れているのかと驚く事でしょう。

特化した専門アプリを利用しよう

セフレに限った話ではなく、出会い系全般に言える事ですが、目的に応じた出会いを探すためには特化した専門アプリを利用するべきです。例えばセフレならセフレ専門を、不倫なら不倫専門を、そしてセックスの性癖に特化した出会いもあります。
性癖は隠すものという固定観念があるかもしれません。
ですが、同じ仲間を探したいのであれば、匿名性が守られるネット上ではカミングアウトしておくべきです。
例えばあなたがゲイだとしましょう。
ゲイでセフレを探している場合、一般のセフレサイトでは出会いは見つかりません。
それにノンケがゲイとセックスをする展開になるという事は、そうある事ではありません。
そんなレアケースを求めるのではなく、ゲイ専門の出会いを求めた方が、出会える確率は高いと言えるでしょう。
そもそもゲイの場合は真剣に付き合える恋人を探す事は難しいですが、身体だけの関係を求めるゲイは多いので、実はセフレは作りやすい環境だと言えるでしょう。
日常生活の中ではゲイである事を隠し、ゲイタウンやゲイバー、ゲイの発展場などには行けないという人も少なくないでしょう。
ですがネットで知り合った相手と1対1で出会うなら、自分にも出来そうと思うのではないでしょうか?
目的や性癖に特化した専門アプリを利用した方が、出会いやすいという事を覚えておきましょう。

複数のセフレとセックスを楽しむ

セフレは1人しか作ってはいけないという決まりはありません。
そしてセフレとのセックスは愛情がないために、マンネリ化しやすく短期間で終わってしまう事も少なくありません。
そんな中で、セックスをしたい時にセフレがいる状況をキープしようと思ったら、セフレが1人では難しいと言えます。
複数のセフレがいれば、誘った時に1人に断れれてしまっても、別のセフレが相手をしてくれます。
女性の生理期間はセックスも出来ませんから、やはり少なくとも2〜3人のセフレを確保しておきたいところです。
そして2〜3人のセフレをローテーションしながら、メンバーを入れ替えていく。
そうする事で、マンネリ化を打破してセックスの鮮度を保つ事が出来るのです。
そして常に複数のセフレをキープするためには、常にやれるアプリなどで新しい出会いを求めておく必要があります。
1人減ったから1人探すのではなく、通常時に探しておけば、1人減ったところで支障が出ないからです。
それに出会いのコツをせっかく掴んでも、しばらく利用していなければコツを忘れてしまいます。
また掲示板やプロフィールなどこまめにチェックしておけば、好みの相手を見つけた時にチャンスを逃さずアプローチ出来ます。
そしてアプローチ期間にも別のセフレとセックスをしているので、欲求不満はなく心に余裕があるわけです。

身体の相性がいいセフレとは長く付き合う

残念ながらどれだけやれるアプリのサービス機能が高性能になっても相手との身体の相性までは分かりません。
この人がどんな人なのかはプロフィールを見て、メールのやり取りをして、画像交換をすればある程度理解出来ます。
ですが、身体の相性ばかりは実際にセックスをしてみないと判断が出来ません。
そこでセックスをするわけですが、身体の相性がいいと思える人とはそうそう出会えるものではありません。
貴重な相手である事を理解し、とにかくせっかく見つける事が出来た身体の相性がいいセフレは1回限りの関係で終わらせずに、長期間付き合う関係を築けるようにしましょう。
あなたが身体の相性がよくセックスが気持ちがいいと感じて、相手は何も感じないという事はないはずです。
同じように身体の相性がいいと感じてくれているはずなので、この場合はルールを設けるといいでしょう。
特に不倫関係の場合は、1回限りならバレにくくても長期間になるとバレる可能性があるためです。
そのためバレないために、NG行為を決めておく事、慎重に行動する事などをお互いにルールかしておくと安心です。
またせっかく身体の相性がいいわけですから、もっと気持ちよくなる方法を目指すべきです。
どんなプレイや体位が好きなのか、してみたい事はないのかなど、いろいろセックスについて話し合ってみましょう。